Home11月例会のお知らせ

11月例会 ミニシンポジウムのお知らせ

蘭学の外側 ―『近代科学のリロケーション』『イエズス会士と普遍の帝国』を読む― 

日時:2018年11月4日(日)13:30〜17:00
会場:電気通信大学 東3号館(総合研究棟)301教室
   電気通信大学 交通・学内マップ
京王線 調布駅下車、中央口改札 中央口・広場口より徒歩10分
羽田空港・成田空港から調布駅まで直通のリムジンバスも運行しております(要予約)

kapilraj
jesuit

 近年の「知の世界史/交流史intellectual history/Wissenschaftgeschichte」の隆盛を受けて、日本でも、カピル・ラジ『近代科学のリロケーション―南アジアとヨーロッパにおける知の循環と構築』(名古屋大学出版会、2016年)、新居洋子『イエズス会士と普遍の帝国―在華宣教師による文明の翻訳』(名古屋大学出版会、2017年)が相次いで出版されました。この2著は、洋学史学会が扱っている日本の蘭学・洋学のすぐ外側で行われていた知の交流の実態を明らかにする貴重な業績だと考えます。
 本例会では、洋学を学ぶ若手が2著の書評を行ない、『近代科学のリロケーション』の訳者と『イエズス会士と普遍の帝国』の著者からのリプライをいただくことをきっかけにして、洋学史研究の蓄積をより広い文脈に位置づけることを目的としたいと思います。

趣旨説明

13:30〜13:40  松方冬子(東京大学史料編纂所)

書評

13:40〜14:20 『近代科学のリロケーション』を読む
   橋本真吾(東京工業大学大学院)

14:20〜15:00 『イエズス会士と普遍の帝国』を読む
   阿曽歩(国際基督教大学大学院)

― 休憩 ―

リプライ

15:15〜15:30  水井万里子(九州工業大学)・水谷智(同志社大学)
15:30〜15:45  新居洋子(日本学術振興会・特別研究員(立教大学))

討論

15:45〜17:00   司会:松方冬子(東京大学史料編纂所)

ページトップへ
Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C) FreeTmpl006 All Rights Reserved.