洋学史学会は、洋学・蘭学史研究の伝統と遺産とを維承し、
それを次世代に引き継ぐという大きな課題を担っています。
今後も、より多くの方々の参加をお待ちしています。

新着情報

・洋学史研究事典のページを追加しました(2018年9月7日)
・洋学史学会 若手部会のブログへのリンクを貼りました(2018年9月7日)
・役員・歴代会長のページを追加しました(2018年9月7日)

2019年度 函館大会 報告者募集のお知らせ

 2019年9月開催予定の函館大会の報告者を募集します。希望者は2018年12月23日までに事務局にご連絡ください。
※報告希望者多数の場合、別の日の例会などに変更をお願いすることもありますので、ご了承ください。(2018年9月22日)

趣旨:戊辰戦争終結150年、箱館居留地160年としての2019年に箱館を拠点に、北海道の洋学、居留地をめぐる交流などを研究し、深めたいと思います。ぜひ多くの方が参加されることを望みます。

シンポジウムテーマ:「北海道の洋学と交流(仮)」

日時:2019年9月7日(土)、9月8日(日)
会場:9月7日(土)函館市中央図書館 視聴覚ホール、9月8日(日)市内エクスカーション

次回例会のお知らせ

 洋学史学会の例会・大会・シンポジウムは、会員・非会員問わず、どなたでもご自由にご参加いただけます。

11月例会のお知らせ

 11月例会は、ミニシンポジウム「蘭学の外側 ―『近代科学のリロケーション』『イエズス会士と普遍の帝国』を読む―」というテーマで行われます。
>>詳細情報はこちら

日時:2018年11月4日(日)13:30〜17:00
会場:電気通信大学 東3号館(総合研究棟)301教室
   電気通信大学 交通・学内マップ
京王線 調布駅下車、中央口改札 中央口・広場口より徒歩10分
羽田空港・成田空港から調布駅まで直通のリムジンバスも運行しております(要予約)

書評報告者:橋本真吾、阿曽歩
リプライ:水井万里子、水谷智、新居洋子

「洋学史通信」原稿募集のお知らせ

12月中旬刊行予定の「洋学史通信」通巻31号の原稿を募集しています。
書評や展示案内、近況報告などをお寄せください。(2000字以内)
原稿の締め切りは2018年10月30日(厳守)です。

2019年度 報告者募集のお知らせ

例会報告は、現在2019年度の募集をしております。報告希望の方は事務局にご連絡ください。

募集状況 ならびに 報告予定者

2019年度5月シンポジウム(調整中)、7月例会(小澤健志、募集中)、9月函館大会(募集中)、11月例会(募集中)、3月例会(募集中)

洋学史関連 新着情報

洋学史関連の展示・シンポジウムなどの情報です。
たくさんの情報をお待ちしています。

「洋学貴重資料にみる絵と言葉〜江戸から明治へ〜」を開催中です

 神田外語大学では、同大附属図書館において11月1日(木)〜16日(金)の16日間、洋学貴重資料の展示会を開催します。
 同図書館では本年、神田佐野文庫を設置し、7月からの若林正治コレクション蘭学資料を皮切りに、同文庫資料の公開利用を進めています。
 本展示は最近同文庫から続々発見された新資料や新たに購入した貴重資料を中心に、明治150 年・神田佐野文庫公開を記念して開催されています。

Press Release
神田佐野文庫ホームページ
 若林正治コレクション蘭学資料目録(PDF)
 若林正治コレクション英学資料目録(PDF)

日本研究所主催 講演会「洋学貴重資料にみる絵と言葉〜江戸から明治へ〜」

【日 時】2018 年11 月15 日(木) 14:50〜16:20
【場 所】神田外語大学4 号館4-101 教室  アクセス
【内 容】島国イギリスがインド大陸支配により経済発展を始めた 1770 年代に、欧州では「アジアの英国」日本への関心が高まりました。一方、当時勃興した蘭学により、鎖国日本は本朝・唐・天竺の文明観から脱却し、幕末の開国は欧米モデルの文明開化の出発点となりました。明治150年を迎えて、神田佐野文庫の洋学貴重資料をもとに、江戸から明治への文明転換期を考察します。
【講 師】神田外語大学 日本研究所 松田清・客員教授
【参加対象】神田外語大学学生、一般の方
【定 員】400 名
【参加費】無料 事前申込不要

伊能忠敬の協力者たち

開催期間:2018年12月4日(火)〜
2019年1月20日(日)
会場:伊能忠敬記念館

大 地図展―古地図と浮世絵

開催期間:2018年9月15日(土)〜
2019年1月14日(月・祝)
会場:東洋文庫ミュージアム

古地図で楽しむ伊予

開催期間:
2018年9月15日(土)〜11月25日(日)
会場:愛媛県歴史文化博物館 企画展示室

天を測り 地を量る

開催期間:
2018年10月6日(土)〜11月18日(日)
会場:津山洋学資料館

美作地域の華岡門人

開催期間:
2018年12月1日(土)〜2月下旬
会場:津山洋学資料館

「病とむきあう」藩医たち
―江戸の医療倫理―

上廣歴史文化フォーラム
日時:2018年12月9日(日)13時30分〜15時50分
会場:津山洋学資料館


洋学史関連 新刊情報・デジタルアーカイブ など

洋学史関連の雑誌・書籍などの情報です。
たくさんの情報をお待ちしています。

日本とベトナム:
きざまれた交流の軌跡をたどる

国立公文書館・ベトナム国家記録アーカイブズ局
監修:白石昌也 早稲田大学名誉教授

天然痘との闘い

編者:青木歳幸・大島明秀・W.ミヒェル
発行:岩田書院
刊行年月日:2018年6月

原典対訳・バスタールド辞書

編者:MICHEL, Wolfgang
発行者:中津市教育委員会
発行:中津市歴史民俗資料館
刊行年月日:2018年3月


ページトップへ
Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C) FreeTmpl006 All Rights Reserved.