洋学史学会は、洋学・蘭学史研究の伝統と遺産とを維承し、
それを次世代に引き継ぐという大きな課題を担っています。
今後も、より多くの方々の参加をお待ちしています。

新着情報

・2019年3月例会の情報を更新しました(2019年1月28日)
・2019年度函館大会の報告者募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。(2019年1月1日)

次回例会のお知らせ

 洋学史学会の例会・大会・シンポジウムは、会員・非会員問わず、どなたでもご自由にご参加いただけます。

2019年度5月総会・シンポジウムのお知らせ

日時:2019年5月12日(日)13:00〜17:00
会場:電気通信大学 東3号館(総合研究棟)301教室
   電気通信大学 交通・学内マップ
京王線 調布駅下車、中央口改札 中央口・広場口より徒歩10分

総会 13:00〜13:30

ミニ書評会 13:30〜14:30

福岡万里子;松方冬子編『国書がむすぶ外交』
鈴木康子;吉岡誠也『幕末対外関係と長崎』

   10分休憩

『洋学史研究事典』にむけて(『洋学史研究事典』関連企画)

14:40〜14:50 青木歳幸編集委員長:趣旨説明
14:50〜15:10 渡辺政弥
  『洋学史事典』との比較(新しく取り上げる言葉、項目数など)
15:10〜15:30 海原亮
  『洋学史研究事典』の可能性と限界(この事典の存在理由、全体の構成など)
15:30〜15:50 吉田忠
  『洋学史研究事典』刊行のことば、小序案へのコメント

   10分休憩

16:00〜17:00 討論 

懇親会 18:00〜20:00

報告者募集のお知らせ

例会報告者を募集をしています。報告希望の方は事務局にご連絡ください。

募集状況 ならびに 報告予定者(*印が募集中の例会です)

 2019年度5月12日(日)シンポジウム(募集は終了しました)
*7月7日(日)例会(小澤健志、2名募集中)
 9月7日(土)・8日(日)函館大会(募集は終了しました)
*11月3日(日)例会(募集中)
*3月例会(募集中)

洋学史関連 新着情報

洋学史関連の展示・シンポジウムなどの情報です。
たくさんの情報をお待ちしています。

シーボルト日本研究の光と影
―オランダ通詞稲部市五郎を例として―

日時:2019年3月26日(火)
会場:長崎歴史文化博物館1階ホール
講師:イサベル・田中・ファンダーレン

西洋人の描いた日本地図
〜マルコ・ポーロからシーボルトへ〜

開催期間:
2019年3月24日(日)〜3月31日(日)
会場:Bunkamura Box Gallery
主催:株式会社ゼンリン

壬生のヒポクラテスたち
医は仁術なり

開催期間:
2019年2月9日(土)〜3月24日(日)
会場:壬生町立歴史民俗資料館

常民をめぐる人々
佐野常民を知る四つのキーワードより

開催期間:2019年2月11日(月・祝)〜3月24日(日)
会場:佐野常民記念館

江戸の園芸熱
−浮世絵に見る庶民の草花愛−

開催期間:
2019年1月31日(木)〜3月10日(日)
会場:たばこと塩の博物館

江戸時代のどうぶつたち

開催期間:2018年12月10日(月)〜2019年3月10日(日)
会場:平戸オランダ商館


洋学史関連 新刊情報・デジタルアーカイブ など

洋学史関連の雑誌・書籍などの情報です。
たくさんの情報をお待ちしています。

医学教育の歴史
古今と東西

編者:坂井建雄
発行:法政大学出版会
刊行年月日:2019年3月

鷹見泉石
開国を見通した蘭学家老

著者:片桐一男
発行:中央公論新社
刊行年月日:2019年2月8日

日本とベトナム:
きざまれた交流の軌跡をたどる

国立公文書館・ベトナム国家記録アーカイブズ局
監修:白石昌也 早稲田大学名誉教授

天然痘との闘い

編者:青木歳幸・大島明秀・W.ミヒェル
発行:岩田書院
刊行年月日:2018年6月

原典対訳・バスタールド辞書

編者:MICHEL, Wolfgang
発行者:中津市教育委員会
発行:中津市歴史民俗資料館
刊行年月日:2018年3月


ページトップへ
Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C) FreeTmpl006 All Rights Reserved.