Home9月『洋学史研究事典』刊行記念座談会、若手部会主催オンラインワークショップのお知らせ

『洋学史研究事典』刊行記念座談会

日時:2021年9月5日(日)13:30〜

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の情勢を鑑み、昨年度に引き続き、今年度も熊本大会を延期とすることとなりました。大変残念ではありますが、皆様のご理解をいただけますと幸いです。
 さて、洋学史学会25周年大会において承認されました『洋学史研究事典』(思文閣出版)が、まもなく刊行されます。刊行を記念して、下記の通り座談会を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

*申し込みは締め切りました。

『洋学史研究事典』の刊行とその先

なぜいま『洋学史研究事典』なのか

『洋学史研究事典』の編集委員が、編集作業を通して感じたことなどをお話しします。
 青木 歳幸 (佐賀大学特命教授・『洋学史研究事典』編集委員長)
 海原 亮  (住友史料館主席研究員)
 沓澤 宣賢 (東海大学名誉教授)
 佐藤 賢一 (電気通信大学教授)
 イサベル・田中・ファンダーレン (東京大学史料編纂所共同研究員)

『洋学史研究事典』作業の実際

『洋学史研究事典』の欧文表記の統一作業や事務作業、若手研究者が担った役割、出版社からみた『洋学史研究事典』などをお話しします。
 イサベル・田中・ファンダーレン (東京大学史料編纂所共同研究員)
 古木 景子 (洋学史学会事務局)
 阿部 大地 (佐賀県立博物館)
 田中 峰人 (株式会社 思文閣出版)

『洋学史研究事典』と洋学研究のこれから

『洋学史研究事典』をご執筆いただいた皆様に、ぜひお話しいただきたいと思います。執筆をきっかけにして新しくわかったこと、イチオシの写真、『洋学史研究事典』に期待することなど、参加者から発言をいただけますと幸いです。

お申し込みから当日までの流れ

(1)事前申し込み:8月28日(土)締切り
(2)オンライン例会前日の9月4日(土)までに、事務局からご参加のためのURLをメールでお送りします。
*前日までにURLが送られてこなかった場合は、事務局までメールでお知らせください。
(3)当日9月5日(日)
 指定された時刻にURLから入室してください。

*通常の例会と同様、会員・非会員問わずお申し込みいただけます。ただし、申し込み人数や事務局の都合により、会員の参加を優先させていただく場合がありますことをご了承ください。

洋学史学会若手部会主催オンラインワークショップ

これからの洋学のはなしをしよう ―地域と洋学、津山洋学資料館の取り組み―

202109wakate_ws

日時:2021年9月5日(日)10:00〜12:00
開催方法:オンライン
(要申込、8月31日(火)18時〆切)
申込方法、ワークショップ内容等:
詳細は、洋学史学会若手部会ブログを参照のこと。

講演予定者:田中美穂(津山洋学資料館学芸員)
司会:堅田智子(流通科学大学講師)


ページトップへ
Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C) FreeTmpl006 All Rights Reserved.